薬剤師に片想い・・ダメだった

user-pic
0
パソコンを見ながら思うのはこの記憶をパソコンみたいに
ゴミ箱に入れて消去できたら良いのにって思った。
本当に私は嫌になる。
彼の事忘れられないもん。
彼は頭がよくて薬剤師。
わたしは介護職員。
彼との接点は薬局だけ。
いつもお世話しているおじいちゃんが薬をもらいに行く時に
薬剤師の彼が決まって出てくる。
そしておじいちゃんにとても優しい。
わたしはもう一目惚れって感じだった。
薬剤師も接客は大切なんだって彼を見て思ったの。
だけど、最近、そんな自分もどうしていいかわからなくなってきた。
だって本当に薬剤師の人って頭がいいじゃない。
しかも収入もあるからきっと彼女とかいるんだろうな。
なんてそんなことばっかり考えてた。
だけどこの間知ったんだ。
いつものように薬局に行ったら同僚の女の人と仲良く話しをしていて
冷やかされてるところ見ちゃったの。
薬剤師同士ラブラブらしい。
だから消してしまいたいと思って。
私の片想いの記憶を消すことができたらきっとわたしも報われる。
本当に誰かそういう機械開発してくれないかな。
当分恋愛はしない。
だって私久しぶりに人を好きになったからこれは自分でも奇跡だなって思ってた。
でも結局何ともなんなかったけどね。


カテゴリ

このブログ記事について

このページは、とかちが2021年5月27日 12:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「軽い気持ちで始めてみました」です。

次のブログ記事は「梅雨入りが早かった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。